運営についてお問い合わせ

【店舗革命.com】は全国各地の貸店舗・テナント・居抜き物件の中からあなたにピッタリな物件をお届けいたします!

  1. ホーム
  2. 業種の特徴や説明
  3. BACK PAGE

CITY FEATURE各業種の営業形態

各業種の営業形態や特徴などの説明です。出店時の参考にしてください。

飲食店について

【飲食店の業態とは】

飲食店とは、主として注文により直ちにその場所で料理、その他の食料品または飲料を飲食させる事業所をいう。飲食店を営業するためには、食品衛生法第52条の規定により、都道府県知事の許可(窓口は保健所)を受けなければならない。

飲食店・居酒屋の物件を見る

スナックについて

【スナックの業態とは】

一般に女性がカウンター越しに接客する飲酒店を指す。店の責任者は女性であることが多く、その女性は「ママ」と呼ばれる。深夜0時以降まで営業している店が多い。酒や軽食を口にしながら、「ママ」や店員、あるいは客同士で会話を楽しんだり、カラオケを歌ったりするのが主たるサービス。

スナック・ラウンジの物件を見る

ガールズバーについて

【ガールズバーの業態とは】

バーテンダーがすべて女性のショットバーであり、カウンター席に客が着席し女性バーテンダーが接客する。風営法で規制されるキャバクラと異なり飲食店に分類されるため、営業時間などの制約が少ない。

バー・カジュアルバーの物件を見る

キャバクラについて

【キャバクラの業態とは】

キャバ嬢と呼ばれる女性が客席に付き接待を行う飲食店。料金は時間制で、常時接待を行う風俗営業(接待飲食店)である。北海道札幌市のススキノなどの一部地域では「キャバクラ」という名称はその他の地域でのセクシーパブに該当する店舗を指し、その他の地域でのキャバクラに該当する店舗は「ニュークラブ」と称している。

クラブ・キャバクラの物件を見る

セクシーパブについて

【セクシーパブの業態とは】

女性接客係が男性客の座るソファーの横で接待し、飲食および体に触らせるサービスを提供している飲食店。基本はキャバクラのシステムに準じているが、客が女性接客係の体を触るなどの行為を行えるなどの点でキャバクラとは異なる。

バー・カジュアルバーの物件を見る

クラブについて

【クラブの業態とは】

ホステスと呼ばれる女性従業員が男性客の隣に座って接待をする飲酒店。ネットキャバクラとは違い、料金が高額な店が多く、しばしば高級クラブなどと呼ばれる。料金はフリータイム制で時間制限はない。

クラブ・キャバクラの物件を見る

ラウンジについて

【ラウンジの業態とは】

クラブ (接待飲食店)とスナックバー (飲食店)の中間的位置付けの接待飲食店。ソファーに掛けた客の横で女性従業員が酒類を中心に提供し接待する店。座席は全体的に余裕があり、比較的静かで企業の接待などにも利用されることがある。「ラウンジ」は本来ホテルや空港などでのソファー掛けの待合場所を意味し、接待飲食店の呼称として関西や九州で広く使用される。

スナック・ラウンジの物件を見る

ホストクラブについて

【ホストクラブの業態とは】

男性従業員が女性を接待[1]する社交飲食店である。基本的なサービスは、女性客と飲食をともにしながらの歓談、給仕、カラオケなどである。

ホストクラブ・メンズバーの物件を見る

風俗店について

【ホストクラブの業態とは】

風俗店(ふうぞくてん)とは、一般に性的なサービスを行う店の事。性風俗店。主に法律上「性風俗関連特殊営業」に分類されている店を指す。

風俗店の物件を見る


※業態により下記の届け出又は許可が必要となります※

午前0時以降、アルコール類を提供する場合は、別途「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)」に基づき、各都道府県の公安委員会に対し深夜酒類提供飲食店営業の届出をしなければなりません。なお、深夜酒類提供飲食店と風俗営業は兼ねることはできません。
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条の定める風俗営業のうち「接待飲食等営業」に分類される1号又は2号で都道府県公安委員会の許可を受ける必要があります。営業時間に関して、風営法13条により午前0時から日の出までの深夜は営業できないという制限があります。[6]
「食品衛生法」第51、52条、「食品衛生法施行令」第35条により店舗の所在する自治体の保健所に飲食店営業許可申請をし、都道府県知事の許可を得る必要があります。地域により法令等の細かな申請関係は各エリア担当の不動産会社にご相談下さい。
エリアの特徴各業種の営業形態物件掲載についてカラオケならJOYSOUND.biz

店舗革命.com

© 2019 Tenpo Kakumei.com